2014年7月29日火曜日

マレーシア航空機撃墜事件と大韓航空機撃墜事件の共通点

マレーシア航空機の撃墜事件から2週間近く経ちますが、回収されたブラックボックスの解析結果が発表されました。

【モスクワ時事】ウクライナ国家安全保障・国防会議報道官は28日、東部ドネツク州で撃墜されたマレーシア航空機の飛行状況などを記録したブラックボックスを英国で解析した結果、地対空ミサイルが命中したことを示すデータが得られたと明らかにした。


ウクライナ政府の発表であり、最も犠牲者が出したオランダ政府は発表は時期尚早として不快感を示している等、信頼性は今ひとつではあるものの、マレーシア航空機の撃墜を裏付けるデータが揃いつつあるようです。

今回の事件は、紛争に無関係の民間機が撃墜された事で世界中に衝撃が走り、マレーシア航空機を撃墜したと思われる親ロ派武装勢力と、それを支援していると見られているロシアへの非難が強くなっています。民間機の撃墜が国際情勢に大きな変化を与えた事になりますが、過去にも同じような事件があり、日本も大きな役割を果たしていました。



マレーシア航空機撃墜事件と大韓航空機撃墜事件の共通点


冷戦真っ只中の1983年9月1日、ニューヨーク発ソウル行きの大韓航空機007便がソ連の領空を侵犯し、戦闘機に撃墜される事件が発生しました。機体は宗谷海峡付近に墜落し、乗客乗員269名は全員死亡という大惨事になりました。この事件は国際情勢に大きな影響を及ぼした事など、様々な点で今回のマレーシア航空機との共通点が見い出せます。

宗谷岬にある大韓航空機007便の慰霊碑(shirokazan撮影)

民間機のルートと撃墜


大韓航空機撃墜事件の直接の原因は、大韓航空機がソ連の領空を侵犯していた事です。何故このような危険な行為を大韓航空機が行ったのかは撃墜当初から謎とされ、大きな論争を呼びました。

マレーシア航空機の事件も同様に、戦闘で軍用機が撃墜されているウクライナ東部地域の上空を、何故マレーシア航空機が飛行していたかが謎とされました。マレーシアのリオウ運輸相は「ICAO(国際民間航空組織)や IATA(国際航空運輸協会)が承認する安全なルート」と語り、飛行が禁止されていない空域である事を強調しましたが、カンタス航空やアシアナ航空は飛行ルートから外す等の自社規定を行っていた事が報じられています(この経緯は末永恵「経営危機のマレーシア航空を2度襲った悲劇」に詳しい)。マレーシア航空機のルート選定過程で、そのような判断がなされていたのかが、今後注目されるのではないでしょうか。



傍受されていた通話


マレーシア航空機撃墜の後、ウクライナ保安庁は親ロ派武装勢力とロシア当局者の通話を傍受していた事を明らかにし、その内容を英語字幕付きでYouTubeに公開しました。(下動画)



撃墜直後の親ロ派武装勢力の生々しい会話が、英語字幕付きで多くの人に周知されたことで、親露派武装勢力とロシアの立場をますます悪いものにしました。

これとよく似た事が大韓航空機撃墜事件でもありました。大韓航空機撃墜時のソ連防空軍の通話を自衛隊が傍受したテープがアメリカに渡り、国連で公開されたのです。(下動画)



この傍受された通話は、アメリカによって英語・ロシア語字幕が付けられたビデオに編集され、国連安全保障理事会で流されました。当初は撃墜を否定していたソ連も、傍受テープの公開を受けて撃墜を認める事になりました。この公開手法は、マレーシア航空機撃墜事件におけるウクライナ政府の対応に影響を与えたのかもしれません。

この傍受テープは、当時の中曽根総理大臣・後藤田官房長官の決断でアメリカに渡ったとされていますが、具体的にどう受け渡されたのかは未だに明らかにされ ていません。また、秘密にされる事の多い自衛隊の通信傍受活動の一端が、明らかになった数少ない事例でもありました。しかし、テープ公開により通話が傍受 されている事を知ったソ連軍は通信を見直し、以後の自衛隊の傍受活動が困難になったとも伝えられています。ウクライナもそのようなリスクを敢えて冒したのでしょうか。ひょっとしたら、アメリカが傍受したものが、手の内を明かすリスクを抑える為にウクライナに渡って、ウクライナ名義で公開されたのかもしれません。


消えたブラックボックス


今回の事件では、マレーシア航空機のフライトレコーダー・ボイスレコーダー(いわゆるブラックボックス)が当初明らかでなく、その行方が注目されていましたが、大韓航空機撃墜事件でも同様にその行方に注目されていました。

傍受テープを公開された事で撃墜を認めたソ連は、大韓航空機007便はスパイ機であり、撃墜は正当なものと主張しました。その為、コックピットの会話を記録したブラックボックスが証拠になると思われましたが、日本とアメリカが懸命に捜索したもののブラックボックスは発見されませんでした。

ソ連崩壊後に公開された情報では、事件の後にブラックボックスはソ連により秘密裏に回収されており、分析も行われていました。その結果、大韓航空機007便がスパイ機であるという証拠をソ連は発見出来ませんでしたが、ソ連の主張に不利な証拠になるため、ソ連崩壊までブラックボックス回収の事実が明らかになる事はありませんでした。
米ソ(米ロ)関係の悪化

昨年末からのウクライナ問題で悪化していた米ロ関係ですが、今回の撃墜事件を受けてアメリカやEU諸国、日本はロシアへの経済制裁を強めており、ますますロシアとの関係は険悪なものになっており、「新冷戦」という言葉を使う識者もいます。

大韓航空機撃墜事件でも、アメリカのレーガン政権は事件を虐殺であると非難し、西ドイツ(当時)にミサイルを展開させるなど、ソ連への対決姿勢を強めていきました。この米ソ関係の緊張状態は、ソ連でペレストロイカといった開放政策が本格化するまで続くことになります。

このように様々な類似点が見られる両事件ですが、大韓航空機撃墜事件のような経緯を辿らずに、事件の解明と和解の方向を見出す事が出来れば良いのですが……。



【関連書籍】