2015年9月11日金曜日

国土地理院がドローン撮影した鬼怒川決壊地点の衝撃

台風18号による大雨により、鬼怒川の堤防が決壊し、大きな被害が出ている事はご存知と思います。TV局も救助の様子を中心とした映像を流し ていますが、国土地理院は被害状況をドローン撮影し、ネットで公開しています。有人ヘリと比べて低い高度で川の上から撮影した映像など、テレビ局のそれと は違った視点からの映像が衝撃的です。









上記の動画は国土地理院がネットで公開したものが、2つで1GBを超える大容量になっていたため、多くの方に見れるよう国土地理院の規約に則ってYouTube、ニコニコ動画に転載したものです。鮮明かつ安定した動画で、被災の現場を伝えています。

ドローンの個人利用について法規制が進んでいますが、このような動画からは災害時の被害把握についても有用である事が伺えます。ドローンのマイナス面が目立つ事件が多かっただけに、このような非常時における役割について改めて注目されも良いのではないでしょうか。

映像出典:国土地理院サイト「台風18号による大雨等に係る情報」より