2015年10月14日水曜日

観艦式予行に行ってきました

12日に行われた、2015年度の海上自衛隊の観艦式予行に行ってまいりました。本番は18日の予定です。

乗艦は観閲部隊の先導艦むらさめです。今回は写真中心に出港から相模湾に集結して観艦式に臨むまでをレポ。


出港まで




朝6時半に横須賀に着きましたが、早朝なのに街の中心部至る所に人だらけです。これは観艦式予行というより、同日にあった空母ロナルド・レーガン一般公開の人たちと思われます。この日のレーガン公開は見物客が殺到したため、入場開始から1時間経ずに待機列が打ち切られましたが、早朝の様子を観ているとさもありなん。



むらさめの横にいたミサイル護衛艦きりしま。こちらは観閲付属部隊として参加しています。





出港に先立ち、タグボートが港を忙しく動きまわります。一番下のボートが運んでいる2つの巨大な物体は、艦が接岸・接舷する際に間に設置する防舷材です。船体が傷つかないようにする緩衝材のようなものです。


出港









出港です。横須賀港から観艦式を行う相模湾まで、およそ2時間の行程です。自衛隊イベントの中でも、海上で行うことの特殊性が表れてます。観艦式が終わったあとも、横須賀に寄港するまで結構かかります。


相模湾まで







艦が出港し、ヘリコプター甲板上での出港作業を終えると、ヘリ甲板が開放されます。艦上で一番広い空間ですので、配られた毛布を持ってどっと人が押し寄せます。観艦式は一般的に左舷側で行われるため、左舷に人は集中します。

甲板や艦橋、艦内もかなりの箇所が出入り可能になり、見学も可能です。出入りが禁止の箇所には貼り紙や乗員がいるので、分からない場合は指示にしたがって下さい。

ところで、12日当日の午前中は、特に陸に近い箇所がガスっていて、視界がよくありませんでした。望遠の写真なんかは、下のようにかすみがかっています。


こういう時、AdobeのLightroom6の新機能「かすみの除去」が結構使える機能でして、ガスによるモヤっとした感を下のようにだいぶ抑えてくれました。


結構使える上、調整もスライダ1つで出来るので楽です。Lightroom6以降の機能ですので、単体パッケージの購入か、クリエイティブ・クラウドの月・年契約に入っているので、試してみるといいですよ。

Adobe Photoshop Lightroom 6 日本語版 Windows/Macintosh版
アドビシステムズ (2015-04-28)
売り上げランキング: 25




他にも比較写真を上げておきます。




これは割と副作用無く効果が出た例です。かすみが取れた上、黒い排気煙がはっきりと見えるようになりました。



元がかなりガスってたのでいくぶん不自然な補正になりましたが、陸地の地形がはっきり見えるように、波の形も分かります。



これはちょっと控えめの補正ですが、遠い分ガスの影響を受ける後ろの艦艇の方が写りが改善しています。これからも色々使うことになりそうな機能です。


集結


さて、艦が相模湾に集結し、むらさめより遅れて出港したくらまがやってきます。





くらまは進水が1979年。就役が1981年とベテランの域に入っている艦艇ですが、今回の観艦式の観閲艦を務めます。後継艦のかがが8月に進水しており、2年後にかがが就役を予定しているため、くらまにとっては今回が最後の観艦式になると思われます。

くらまの退役をもって、冷戦期の海上自衛隊中、最大の排水量を誇ったヘリコプター搭載護衛艦はるな型/しらね型が姿を消す事になります。独特の威容を持つ艦だけに、少しさびしいものがあります。


【関連】